木もれ陽亭のお米
復活「葉山木もれ陽亭」でのこだわりの食材は、
かめさんの故郷の秋田県に足を運んで目で確かめて、選んだものです。
比内地鶏、そしてお米!

日本人の主食「米」
米処秋田から「あきたこまち」です。

「田んぼのお水が飲める!」というこだわりの農家さんが育てたお米です。
炊き方は、カレーにあうように木もれ陽亭風の炊き方でお出ししています。
とっても甘みのあるおいしいお米です。

d0135449_0434397.jpg


農家さんからのポストカードに添えられている文章は、

お客様に支えられ、直にお届けすることを始めてから
お陰様で満20年となりました。
田んぼで飲めるほどの奇麗な井戸水で作っています。
その栽培用水とトンボやカエルがたくさんいる環境を大切にして、
これからも地道にこつこつと
安全安心をモットーに続けてまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


d0135449_044258.jpg

...こちらこそどうぞよろしくお願い致します♪

自然環境を大切にして育てられているお米をいただくということは、
トンボやカエル、たくさんの生きものたちを守る、
一緒に生きているということです。

お米の育て手の親、土橋さんの素敵な言葉をみつけました。

大地(田んぼや畑)はキャンバス、種子は絵の具、道具と自分の腕は絵筆。
自分の作品(作物)はNo1ではないかもしれない。
だけど、自分の作品は世界にひとつ。
それをよりどころに、ままにならない自然相手に、自分流の作品作りをやってまいりました。
これからも描き続けます。


ステキ! いつか土橋さんの田んぼに行ってみたいです。


気持ちもほっこり、ごはんをどうぞ召し上がれ。
ナンもおいしいけど、ごはんもおいしいヨ。

お店では、2kgの袋に入れて販売もしています。

提携米ネットワーク 山本開拓農場


(お米にはちとうるさい スタッフゆ)
[PR]
by komorebitei | 2007-12-19 19:47 | おすすめメニュー
<< 12月24日 宇治川さんの写真 >>



葉山木もれ陽亭         かめさん+スタッフのブログ
by komorebitei
以前の記事
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
カテゴリ
ごあいさつ
今日の一枚
今月の営業日のお知らせ
木もれ陽つれづれ
おすすめメニュー
"いきなりっ夏至南風"
"あがってたんせ〜"
サークルKサンクス 葉山カリー
メディア
木もれ陽亭の営業時間と地図
Link
ライフログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧